お知らせ

機関紙けんせつ神奈川595号(2019年10月5日)

9月9日(月)未明の台風15号の猛威は神奈川県内、組合員にも多くの損害を与えました。また、ニュースでも報道されている通り、上陸した千葉県内はその観測史上最大級と言われる暴風雨により、建物被害はもちろん、ゴルフ練習場のネットを支える支柱が倒れ多くの住宅に直撃し、ほぼ全損状態となる大事故も起きています。

神奈川土建は、9月21日から23日の3連休に千葉土建の仲間と市原市に屋根にブルーシートを貼る応急の支援に入りました。
その様子を今回の1面で報じています。

また、労働者供給事業神奈川土建として新たに㈱BOUSUI・TEC(代表取締役内山直さん:横須賀三浦支部)と2社目の労働協約を締結しました。

その他の記事については後日詳述します。

2019-10-05 機関紙けんせつ神奈川596号(2019年11月5日) 「台風で屋根が!」土建火災共済での給付
新着情報ここまで