お知らせ

機関紙けんせつ神奈川593号(2019年8月5日号)

「庭で遊んでいると、大きな音とピカッと光って騒ぎになったのを覚えています」と話してくれたのは西相支部森勉子さん。自身の貴重な体験と三度原爆の使用がないことを願う思いを一面で語ってくれています。

合わせて、6月26日の全建総連主催の「賃金単価引き上げ、予算要求中央総決起大会」の様子。自民、立憲民主、国民民主、公明、共産、社民の格闘代表の激励の挨拶もありましたが、大手ゼネコンが史上空前の利益を上げるなか、設計労務単価に見合った賃金引き上げはなされていません。建設国保予算要求とともに、賃金引き上げの運動を強めていきます。

2面は福島第1原発の視察。
五輪現場での一斉宣伝行動。資本従事者の会総会。
現場の問題は現場の人間が一番わかる。「できるわけないよ」という決めつけ=「メンタルブロック」に囚われを破って、ひとりひとりの行動が重要ですね。

3面は核兵器のない世界へ、原水爆禁止2019年世界大会に向けて参加者の思いが綴られます。
「市川保健師の健康のススメ」はみそ汁で暑さから身を守る。猛暑がつづくなか、熱中症予防の意味でも一杯の味噌汁の驚くべきパワーを。

4面は「技術・技能を身に着け貢献したい」そんな桐田春樹さん(鎌倉逗子葉山支部)の「Next Generations」第11回です。
あたらしく、「CCUS~ゴールドカードを持つ仲間たち」も始まりました。
建設業の働き方改革セミナーを開催した座間海老名支部。6支部合同での名刺交換会の様子もぜひ読んでください。

2019-08-19 機関紙けんせつ神奈川594号(2019年9月5日号) 機関紙けんせつ神奈川592号(2019年7月5日号)
新着情報ここまで